長兵衛塩(天日塩)

IMG_8614 2.jpg

海水を満潮時に引き込み、専用のハウス内に設置された容器の中に継ぎ足しながら、最低でも3ヶ月近くかけて完成します。

天日塩を作るには海水の塩分濃度を高め、ナトリウムを析出させることが必要です。その際、濃い塩水(鹹水)を作る必要があり、
一般的に枝条架や浸透膜などで行われる場合が多いですが、長兵衛塩は一切使用していません。全て太陽の力だけで、手作業で丁寧に作られた天日塩です。

 

海水中には約3%の塩分が含まれていますが、およそ100gの天日塩を作るには3300gの海水が必要です。それを太陽の力だけで濃縮させて塩を作ります。

海水中に含まれる無機塩類を、バランスよく塩の結晶にまとわせるために、湿度管理をしながら、日中に1〜1.5時間おきに丁寧に混ぜ合わせ攪拌し、海水が減ってきたら、また海水を継ぎ足します。
こうして、カルシウム及びマグネシウムが豊富な天日塩が出来上がります。

IMG_6016 3.JPG
IMG_6015.JPG

塩の結晶の形や大きさで、味は異なります。
​お料理に使いやすいお塩の粒径で採取し、脱水させながら天日でさらに乾燥させます。

​海水由来の粗雑物を手作業で除きながら、約3ヶ月をかけて長兵衛塩は出来上がります。

​こうして作られた長兵衛塩は、約83%の塩分濃度のまろやかな塩味で、海を濃縮したような奥深い味がします。

IMG_6501 6.JPG
IMG_0236_edited.jpg

長兵衛塩シリーズは、全てこの天日塩をもとに作られます。
錦海ソルトの長兵衛の名をかざしたこのシリーズは、おいしさと創造性を追求する錦海ソルトの理念そのものを体現しています。